Last Update 08/02/16

当たり判定の大きさに関する記述です。


◇ロックマンとオブジェクトとの当たり判定
$3FB6B〜3FB8A (20) = 当たり判定参照番号 : X方向の当たり判定値
$3FB4B〜3FB6A (20) = 当たり判定参照番号 : Y方向の当たり判定値

|ロックマンのX座標 - オブジェクトのX座標| < X方向の当たり判定値
かつ
|ロックマンのY座標 - オブジェクトのY座標| < Y方向の当たり判定値
のときロックマンとオブジェクトが接触したと判定される。
以下、ロックマンのサイズを16 x 24と考えたときの当たり判定値から逆算した参照番号毎の大きさリスト(X x Y)
(それぞれ X=2*(X方向の当たり判定値 - 8), Y=2*(Y方向の当たり判定値 - 12) で算出)
00  14 x   2
01  24 x  32
02  24 x  24
03  24 x  16
04  16 x  32
05  48 x  56
06  32 x  20
07  24 x  32
08  16 x  24
09  32 x  24
0A  32 x  32
0B   8 x   8
0C  24 x  48
0D  48 x  48
0E  16 x  80
0F  32 x  16
10  40 x  40
11  24 x   4
12 112 x  32
13   8 x  32
14   8 x  96
15   6 x  32
16   8 x  64
17  16 x  16
18  64 x  64
19  32 x  64
1A  64 x  16
1B  72 x  80
1C   0 x   0
1D   0 x   0
1E   0 x   0
1F   0 x   0


◇特殊武器とオブジェクトとの当たり判定
$3FC33〜3FC52 (20) = 当たり判定参照番号 : X方向の当たり判定値
$3FC13〜3FC32 (20) = 当たり判定参照番号 : Y方向の当たり判定値


|特殊武器のX座標 - オブジェクトのX座標| < X方向の当たり判定値
かつ
|特殊武器のY座標 - オブジェクトのY座標| < Y方向の当たり判定値
のとき特殊武器とオブジェクトが接触したと判定される。

当たり判定参照番号は、特殊武器との接触判定の対象となるオブジェクトのものが参照される。
(特殊武器オブジェクト自身の持つ当たり判定参照番号は無関係)
特殊武器オブジェクトを生成しないタップスピンを除き、特殊武器との当たり判定にはこの値が使われる(?)。
したがって、特殊武器の種類に関係なく当たり判定の大きさは一定(?)。
(ジェミニレーザーは、一本のレーザーを3つのオブジェクトを使って表現している)